2010年6月アーカイブ

飽きてきたとはいえ贅沢な望み

入学や就職が決まったら、春に向けて新居を探す人が増えますね。これ、すごく羨ましい。何を隠そう、私は引越しマニア。大好きなんです。あ?あ、引っ越したぁ?い!!

子育てがしやすい環境に・・・って事で購入した家のローンを、毎月コツコツと返してくれている旦那さんには申し訳ないのですが、今、引っ越したくて仕方がないわ。

今の住まいは狭いけど、一応庭付きの一戸建て。贅沢な悩みだということは、重々承知の上、理想の新居を妄想してみると・・・。

やっぱり、見晴らしのいいマンションは良いよね!リビングに大きな窓がついてて、カーテンを開けると太陽光がいっぱい入ってくるの。駅が近くて、移動もラクラク♪

でもでも、なんといっても、朝起きたとき、新しい部屋で目覚めるってだけで、気分爽快だよね?。あぁぁぁぁぁ家に・・・飽きた。

しかし、そんな我がままを口に出したら、私はきっと居場所を失うことになるでしょう。なので、一人ぼっちで模様替え中。

意外と力があるようで、本棚や飾り棚も移動できました。これで当分、ここで生きていけそうです。

にしても、カジノ レッドドッグ ルールは、結構古いゲーム。「へえ、そうなの?」1880年代、アメリカで流行したやつ。当初、全く知名度が無く、人気ゼロでね。

今も人気とは言いがたいけど、カジノ レッドドッグ ルールでカナダ、アメリカ他、様々な国でプレー出来る辺り、大分知名度を上げたのよ。

「へー、詳しい」馬鹿にしてる?それに、カジノ レッドドッグ ルール。これ位、知ってて当然。比較的簡単だもの。

「マジ?」そう3枚のカードが配られ、最初の2枚に3枚目が当てはまるか否かを、当てっこするだけ。「ふーん、思ったよりカジノ レッドドッグ ルール、複雑じゃねーと」

勿論、一度プレーしません?「どうだろ...、少し気が進まない」何で?「そりゃ良く分からんもの...」まあ、実際やり始めればそうでも...だけど。

「とにかく!知らないゲームを、教わりつつプレー?気が進まず」そーゆー事なら、無理強いは出来んわ。「けど、日本でも流行ってるのこれ?」さあ...、あまり聞く事は。