2009年12月アーカイブ

救世主がまさか忘れた存在とはね

突然訪問宣言を発する大魔王、姑の襲撃に身構える5月の連休。救世主は、まさかの舅でした。

影が薄く、完璧存在を忘れつつあった彼が、「いい加減にしなさい!」と、渇!か・・・かっこよすぎでしょ。本当感謝、ありがとう?!!

夫に怒られ、新幹線に乗って我が家へ来る事ができなくなった姑は、さぞかし落ち込んだことでしょう。

でも、同情は一瞬で終わり、私は無事に、実の両親と子供との幸せな旅行を楽しむことが出来ました☆

せめて、お義父さんにお土産を買いたかったけど、それも結構な嫌味になるだろうから、やめておく。当たらず、触らず、出来事が風化していくのを待ちます。

世の中、悪い事ばかりが続くわけじゃないんだなぁ?。何て大げさに思った嫁でした。

デルメッドで自信のバースフォト

旦那はソワソワしてるけど、私だってすごく不安。でも、デルメッドを使い素肌が綺麗にを取り戻せるから、現実的な考えを保てるの。

きっと、素敵なバースフォトが出来上がるはず。心を落ち着かせるために、何度もデルメッドを使ってしまう毎日。

「これで、準備は完璧だな」買ったばかりのデジカメを見つめ、ニヤニヤしながら話す夫。すごく、嫌な予感。

「これで、生まれたばかりの赤ん坊とお前の2ショット、撮ってやるからな!」やっぱり。よく見るあの写真、絶対嫌だ。

産んですぐの達成感に満ちた顔は、記録として残したいとは思うけど、初めての出産だよ?絶対、髪はボサボサ、メイクは剥げ剥げ。

若いならそれでも良いけど、残念ながらそうじゃ無いんだから、バッチリ化粧済みの顔だけしか、もう撮られたくないのよ。

焦る気持ちを笑顔で隠して、慌ててパソコンを開き、「毛穴ケア」「美白」「スッピン」ってキーワードで色々検索して、辿り着いたのがデルメッドだったの。もう時間が無いからね、即注文したよ。

デルメッドの実力を信じて毎日を規則正しく過ごし、あとは時を待つだけ。